「これ(あなた)じゃなきゃダメ。」

「嗜好性」

私はこの言葉を重視する。

「なぜ好きなのか?」

自分にもよく問いかけるし、人の話を聞いてもよく思う。

物事には好きになる理由があるはず。

私は大抵そのヒト・モノの【背景(ストーリー)】が気になる。

「なぜその性格になったのか?」

「なぜこの商品が出来たのか?」

それを聞けば聞く程「なるほどな~。」となる。

つまり、この「エピソード」に心が反応している。

だからこそ、私は好きな物にかなり偏りがある。

ヒトに対しても、モノに対してもすぐに肩入れする。

誰でも何でも違いはある。

その違いの中で「なぜ一方を選ぶのか。」

「好きだから。」

この答え程、納得性があり、力強い答えはない。

常にフラットな目線で生活している中で好きなヒト・モノが生まれる瞬間を私は楽しんでいる。

そして、好きになるとそのヒト・モノを語りたくなる自分がいる。

「嗜好性」「嗜好品」

私は「これ(あなた)じゃなきゃダメ」が好きだし、そう言われて生きて行きたい。

 

 

 

 

 

 

才能を贈り物に

すべての人・企業のGIFT(才能)をGIFT(贈り物)に

実は海外と日本のマーケットには大きな違いがある。

それは「嗜好性」だ。

顧客自身が持つ「これが好き」という強い理由の有無に大きな差がある。

海外で丁寧なモノ作りをする職人・企業は代々厳選された商品を作り続け、受け継ぐ傾向が強い。その中でしっかりと伝統と文化を継承しながら小さな工夫を年々繰り返している。

そこに長年のファンがいる。「これじゃなきゃダメ。」そう言い切るファンがいる。

その一方でモノに困っていない日本は次々に商品が生み出され、棚落ちを繰り返す。 続きを読む 才能を贈り物に

現在の自分(私達)を此処に

GIFT Corporation 代表取締役 池田です。

ブログを開設して、ここに感じた事、考えた事を書くようにします。

元々、文章を書くのは好きなのでマイペースに書いていこうと思います。

「こんな事考えて、こう行動するのか。」

「こういうビジョンを持っているのか。」

そんな風に思ってもらいながら私自身の人間味・思考とGIFTの姿勢・取組みを知ってもらえれば幸いです。

 

すべての人・企業のGIFT(才能)をGIFT(贈り物)に